コンクリートとモルタルの違い コンクリート 駐車場


■□■コンクリートとモルタルの違い■□■



↑コンクリート


↑モルタル


みなさん、コンクリートとモルタルの違いはご存じでしょうか。

本日はコンクリートとモルタルの違いを、簡単にご紹介致します!


まず、モルタルやコンクリートが乾くと固まるのは、セメントという材料を使用しているからです。

セメントは灰色の粉末で、水や液状などによって混ざり合い硬化します。

水を含むと接着性も持ちます。


コンクリート


 材料  ・・・ セメント + 水 + 砂 + 粗骨材(砂利)


コンクリートは、モルタルに粗骨材と呼ばれる大きめの砂利が含まれているものです。

粗骨材が入っているため強度が増します!

コンクリートは、駐車場や家の基礎などにも使われています。


特徴

 ▪強度が高い

 (粗骨材が入っているため)

 ▪加工の自由度は低い

 (粘性が高いため)

 ▪引っ張る力に弱い

 (圧縮力が強い分引っ張る力には弱い) 

引っ張る力に弱いため、鉄筋コンクリートと呼ばれるコンクリートの中に鉄筋を入れカバーしています。



モルタル


 材料  ・・・ セメント + 水 + 砂  


モルタルは薄く使用したい場所に使われることが多いです。



特徴

▪柔軟性がある

(ブロックの接着剤やタイル・レンガなどの目地に使用)

▪装飾性が高い

(仕上げ材として使用することも可能)

▪強度が不十分

(構造物には使用しない)

▪コテを使う

(柔らかいので加工がしやすい)



このように使う場所や用途によって、コンクリートとモルタルを使い分けています。

簡単にまとめると粗骨材が入っているのがコンクリート、入っていないのがモルタルになります。

モルタルもコンクリートも仕上げとして使用できますが、仕上げ方にも種類があるのでこちらの記事もぜひご一読ください。

使用する際に是非参考にしてみてください。



静岡県浜松市の株式会社板屋建設は、外構工事、エクステリア工事や駐車場工事、造成工事などを幅広く手掛けている会社です。浜松市を中心とした近隣地域の各種工事に対応しておりますので、ご必要の際はお気軽に板屋建設までご連絡ください。


板屋建設 施工事例はこちら↓↓↓


インスタグラムも見ていただけると嬉しいです!!

板屋建設 インスタグラムはこちら↓↓↓