土留めリフォーム工事 浜松市


◇◆◇◆  施工時例  ◆◇◆◇

土留め壁のリフォーム工事を施工させていただきました。


境界にある垣根を撤去し、目隠しを垣根からフェンスにリフォーム希望でした。
垣根は季節によって植栽の変化を楽しめたり、比較的安価に施工できるといったメリットがあります。
一方デメリットとして定期的なメンテナンスが必要だったり、成長によっては日差しを遮ってしまう可能性があります。

今回のお客様もお手入れが大変になってきたため、リフォームを検討されました。





現場を確認させていただいた際は、柵板で土留めがされていました。
柵板の土留めは厚みがあまりないため、お客様も心配されていたためより頑丈なコンクリート擁壁に変更しました。
擁壁の上にはフェンスを施工できるように、ブロックを1段積ました。


擁壁の高さはなるべく元々あった垣根の高さに合わせて、目隠しフェンスが施工できるように高さを調整しました。
目隠しの高さはとても重要です。
ブロックの上には安全の面でフェンスの施工できる高さに限界があります。
※フェンスの高さはフェンスの種類によって異なります。
今回の擁壁はブロックではなくコンクリートで作っているため高さの調整がしやすいです。
また擁壁の高さを上げることによって、フェンスの高さを下げることができるため風によって倒れる心配も低く、安全面でもばっちりです。


お客様は完全目隠しのフェンスがご希望でした。
ですがお話を聞いていると、風通しが気になるということでしたのでルーバータイプをご提案させていただきました。
完全目隠しタイプに比べルーバータイプは、羽板1枚ごとにすき間が空いていているので風が抜ける構造になっています。



今回施工した商品のカラーはダークブロンズです。
木調色とアルミ色がありますが、アルミ色にすることで価格を抑えることができます。
ダークブロンズは落ち着きのある色味なので、シックなデザインに仕上げることができます。
ルーバータイプもデザインがすっきりしているので、様々な外構のデザインに合わせることが可能です。



元々目隠しフェンスの需要は高いですが、コロナの影響で家にいることが増えたためより希望するお客様が増えています。
ブロックの上に施工することもできますが、境界のブロックの内側に基礎ポストを使って目隠しフェンスをすることも可能です。
ぜひご検討中でしたら一度ご相談ください。
また弊社は土留め工事な造成工事も行っております。
造成工事でお困りの際はご連絡お待ちしております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
株式会社 板屋建設
〒434-0024
静岡県浜松市浜北区竜南320番地
TEL:053-587-4355
インスタグラム:@itayakensetsu
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Before

navigate_next

After

前の施工事例

その他

カーポート取付工事 浜松市

次の施工事例

その他

アンティーク調 新築外構 浜松

おすすめの施工事例